兵庫県議会議員養父市選出 藤田孝夫 ふじたたかおオフィシャルサイト

兵庫県議会議員養父市選出 藤田孝夫 ふじたたかおオフィシャルサイト
田舎が時代を変える。円やドルでは計れない地方の魅力が今! 田舎が時代を変える。円やドルでは計れない地方の魅力が今! 田舎が時代を変える。円やドルでは計れない地方の魅力が今! 田舎が時代を変える。円やドルでは計れない地方の魅力が今! 田舎が時代を変える。円やドルでは計れない地方の魅力が今! 田舎が時代を変える。円やドルでは計れない地方の魅力が今!
話題のテーマ
  • 2017年2月19日 雪害対策 ■   昨年は雪不足、1月4日の養父市新年賀詞交歓会で広瀬市長からすでに相談を受けて、産業労働部に打診しまていした。本年も同じく1月4日、私は兵庫県賀詞交歓会に参加したが雪不足は深刻で、市長から対策の必要性を電話で告げられました。そこで経済対策を講じねばならないと思っていた矢先、その週末に一気に大雪となりました。雪は降ったのですが、大雪警報が発令されるほどの大雪!
    ▼続きを読む
  • 2017年2月15日 2か月のズレ解消へ 兵庫県議会、神戸市会、西宮市議会、芦屋市議会それぞれ2月の29年度予算関連議会の開会直前、この一瞬のタイミングを計って正副議長、議会事務局が議員任期・選挙期日のズレ解消に向けて東京に集結しました。国会各会派の臨時選挙対策特別委員会の議員先生に改めて地元の要望を届けさせていただきました。県議会の自民党県議団、県民連合(民進)、共産党の代表も揃って地元議会の総意であることを伝え、今国会中早期に
    ▼続きを読む
  • 2017年2月9日 日本遺産申請!  「めざせ 日本遺産 銀の馬車道 鉱石の道」フォーラムが開催されました。 ■ 明延鉱山は最盛期約4000人が働いていましたが昭和62年閉山。  生野鉱山は48年閉山ですが、最盛期は生野町の人口2万人でした。戦後復興期は自給的な農家や林家がまだ多かった時代、生野と明延は住民の殆どが田畑に出ることなく鉱山関連会社で働きサラリーをもらって生活していた。生活物資の殆どを購入して暮らす現代風の生活
    ▼続きを読む
  • 2017年1月29日 出向く兵庫県議会! 常任委員会を移動開催! 神戸新聞が取り上げてくれました、内容は記事参照。調査項目と地域課題や関連性を調整し、地元関係者と意見交換し、その内容を正式な常任委員会と現地で連動させようとする取り組みです。 市議会と県議会とで開催している「地方議会協議会」昨年より複数回開催で議論テーマも県市町からそれぞれ決めています。 移動常任委員会開催も市町議会と共通の課題の施策研究や県市の条例制定するなど
    ▼続きを読む
  • 2017年1月17日 兵庫安全の日 1.17のつどい ひょうご安全の日宣言 阪神淡路大震災から22年が経った 私たちは国内だけでなく 世界の多くの人たちにも この教訓を知ってもらいたい 活かしてもらいたい そのように願って 伝え続けてきた   二年前に国連防災世界会議が開催された 阪神・淡路大震災の教訓は、仙台防災枠組みにも引き継がれ 減災社会実現のための 人類の知恵となり 創造的復興は 世界の防災の目標となった
    ▼続きを読む
  • 2017年1月10日 29年度予算 政調会   ■ 兵庫県29年度事業・予算をテーマに今日から3日間、当局の説明後、議員が質問・確認を行います。ただ国家予算配分が確定していないので、完全な資料が出来て説明を受けた訳ではありません。また兵庫県自体も行革対象事業をどうするのか、検討委員会や市町の意見も踏まえて決定せねばなりませんがそれにはもう1~2週間かかります。さらに28年度補正が如何ほどなのかも発表されていません。 最
    ▼続きを読む
兵庫県議会議員養父市選出 藤田孝夫 ふじたたかおオフィシャルサイト