兵庫県議会議員みなみ但馬選出 藤田孝夫 ふじたたかおオフィシャルサイト

兵庫県議会議員みなみ但馬選出 藤田孝夫 ふじたたかおオフィシャルサイト

活動報告

2019/5/24
保育の推進
「生理的早産」という言葉がある。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 人間は二足歩行となり脳は活性化、手足を別々に使えるようになったが、同時に骨盤は形状が変わり産道は狭くなった。頭骸骨は小さくなければ通れないから生まれてくる子供の脳は他の動物に比べて未発達です。チンバンジーは5年に一度しか妊娠できないから、新生児に寄り添い子育てに専念する。しかし人間は・・・・毎年出産できる。だから共同養育は人類にとって必要な子育て方法です。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
養父市保育推進連盟の総会に参加しました。兵庫県連盟の伊藤圭瑞会長や多くの市議会議員も参加されました。保育の現場を支える女性の率直な意見を聞く機会は重要ですね。
人口減少の問題解決=子育て支援 とする政策議論が活発だが全ての無償化は一施策です。目先の負担軽減は阻害要因の排除であり、積極的に人口増(子供を産みたい)に繋がるのかどうかはもう少し議論が必要です。
保育の推進では次の視点・順で考える必要があります。
  • 1.まず健康に安全に育てる、友達と遊べる。
  • 2.どんな子供に育てるのか? どんな分担で子育てをするのか?
  • 3.子育てにあたる人(保育士・親家族・地域)の環境はどうすべきか?
 
前述の共同養育を共働き世帯で実施するには、子供の長時間預かりに加え、保護者への子供情報(連絡、修正点のお願い等)の伝達が必要です。 親対子、保育士対子、これら一対一の関係に第三者の視点が加わることが重要だと感じます。 親性は本来人が持っているのではなく、後天的に子育てを通して備わってくるものであることを忘れてはなりません。自戒の念も込めて・・・
~全国のジジ・ババ役割は重要です!~
養父市の教育振興計画が改正されると聞きます。全国レベルの教育との比較はもちろん重要ですが地域教育資源(家庭・自然「山・川」・地域「歴史・伝統・コミュニティー」等)を十分活かした挑戦に繋がる大綱であることを期待します。   
2019/5/21
ベストセラー購入!
  年間1400万部を売り上げ続ける超ベストセラーを購入しました。
  • 発行元は交通安全協会
  • タイトルは「わかる 身につく交通教本」
そうです免許更新です、3年更新が2回ようやくゴールドに戻りました。 しかも今回の免許期限は無し?永遠にその日は来ない年号が記載されてます。なんと次回更新期限は平成36年5月18日です。講習後の説明では、平成の更新受付だと平成のまま5年先の記載となる。令和(5月1日以降)の受付だと令和の記載となる。平成ではなく令和6年と理解いただきたいとのことでした。
高齢運転者の事故や、歩道・店舗に自家用車が誤って突っ込む事故が報道されています。1トンを超える金属の箱が動くことを認識し、慣れてしまった行動に今一度、慎重さを意識しなければなりません。  
あるかも知れない、こう動くかもしれない、絶えず変化する交通状況を予測しながら安全運転に努めます。       
2019/5/13
更生保護サポートセンター
    保護司は犯罪や非行をした人の立ち直りを地域で支える民間ボランティアです。法務大臣から委嘱され給与はでませんが、職務上の費用の一部は支給されます。更生保護の拠点としてこの度、養父町の商工会支所の2階に養父市更生保護サポートセンターがオープンしました。  
神戸保護観察所のデータ(29年)によれば、県下の保護観察人員は約1702人、24年の2046人から着実に減少しています。  
兵庫県の取り組みは各地域で活動される更生保護団体を側面支援するため連絡調整や情報の共有化などです。具体的には県内部局の連絡会議の設置や更生保護対象者を雇用した会社への支援です。また再犯率が約60%と高いことから居場所、住居と就労支援が必要です。薬物関連では健康福祉部、就労については産業労働部の所管ですね。   
2019/4/17
身近な自治
 
私の住む自治会の総会がありました。
役員さんは、区長・副区長・会計、隣保長が6名、それと区長の諮問委員である評議員があります。  総会は年1回、敬老会、子供会(地蔵盆のお祭り)、文化芸能祭、大掃除などが主な事業です。  
近年急増しているのが、水防指令による区民避難です。高齢者・障害者の避難勧告は少し早め発令されますが、昨年の避難所開設回数は6回にも及びました。   今総会の話題としては、なりてのない区役員改選と新規の通学歩道整備事業、防犯灯設置報告、奥山川の河床改修要望などが出ました。  円山川へ流れ込む地域を通る支流の水門が二基あるのですが、その開閉についての問題提起がなされました。降雨時に閉まっていたとの報告があったのです。水門は通常は開けてあり自然に水が流れる設計になっています。特別は時だけ閉めるのは本川(円山川)の水位が内水より高く、逆流を防ぐ必要がある時などが想定されます。   昨年の大雨では大藪の子牛市場に泥が入り込んだのですが、大屋川と円山川の水が敷地内に入ってきたことが原因とされています。内水位がどのくらいだったかは定かでありませんが、水門を占めれば被害が無かったのかどうか?も気になるところです。    河川管理者(養父土木事務所)に確認したところ 水門の管理(鍵による)は県から市に移管してあり、市は区に移管している。開閉は区の自主的な判断に任せているとのこと。維持管理は県の管理マニュアルに従い定期的見回りは県と市同伴で年1回。 さて区長さんが実際の開閉にかかわることとなるですが、その時の判断材料はあるのだろうか? 土木事務所も箇所別・時間帯別の水位は把握できていない。 これら詳細なデータを計測する装置を設置するのか? 区長さんからの要望は挙がっているのかどうか? 
自治の足元安全についてもう少し考えてみる必要がありそうです。
        
2019/4/11
みなみ但馬
    南但(なんたん)と言わず「みなみ但馬」と言い出したのは私からだとは言いませんが、初めて私が「みなみ但馬」を使ったのは今から約30年前です。南但青年会議所の広報委員長を仰せつかった私は、定期的なJC広報誌を担当することになりました。その名前を「みなみ但馬青年会議所ニュース」と命名したのです。配布先は朝来郡4町と養父郡4町他関連地方・業界団体だったと思います。
そして今、選挙区の合区で新たな政治・行政エリア「みなみ但馬」が誕生しました。私に与えられた役割は、両市の行政エリアは尊重しながらも両市の枠を超えたみなみ但馬というエリアを意識できる政策を加えることにあります。  

830平方キロ県下最大(兵庫県面積の10%)まともに仕事をしようと思えば一人では限界があります。 選挙のための週末イベント廻りは意味はないとは言い切れませんがそれは手段です、本質はみなみ但馬の自覚と誇り、田舎の独自性追求にあることは今まで伝えてきたとおりです。今まで一貫して私を支えてくださった方々、新たに御縁をいただいた方々と共に政策を実現して参ります。
6月9日までは準備期間、ご意見・情報・ご指導お願いします。 ~市民目線で県政を語る・実現する~   

最新記事10件

月別アーカイブ

兵庫県議会議員みなみ但馬選出 藤田孝夫 ふじたたかおオフィシャルサイト