兵庫県議会議員養父市選出 藤田孝夫 ふじたたかおオフィシャルサイト

兵庫県議会議員養父市選出 藤田孝夫 ふじたたかおオフィシャルサイト

ひとり言

ひとり言
2018/2/1
生野県、豊岡県、兵庫県
2018年、今年は兵庫県が誕生して150年(明治150年)にあたる、記念式典や県立高校など県組織での記念イベント、県民団体のイベントに県政150年を唄い盛り上げが期待される。豊岡や姫路においては150年前(明治元年1868年)はそれぞれ独立した県で兵庫ではなかった。けれども会社でも「創業記念日と設立記念日とは違う、この際歴史は古い方が値打ち、今年が兵庫県の記念日です」とは井戸知事談。    
社会の動きが早く、目の前を通る膨大な情報は仕事や趣味、政治経済、事件事故、個人のプライバシーなど殆ど全てを網羅し、私たちの心情や生活そのものに大きな影響を与えている。情報量が多く拡散範囲が広いと昨日の情報は例え重要であっても情報鮮度は高いとは言えなくなる。    
そんな環境で暮らす現代社会では、情報の取捨選択をどうするかが大切です。しかし取捨選択にまともに向き合っても相当な時間とパワーを必要です。勢い近視眼的に物事を捉えがちです。些細な情報に一喜一憂する自分を少し冷ややかに見つめたり、50年100年単位で過去を振り返る、また逆に50年100年単位で将来を想像する。それこそが周年にすべきことではないでしょうか? 兵庫県史、兵庫県議会史の編纂も行われるのでしょうね。    
話は兵庫県150年です、県域の変遷は兵庫県ホームページにも掲載されています。兵庫県域の変遷  
第一次兵庫県
明治元年1868年から明治4年まででしたが、藩と併存のため飛び地でした。  
第二次兵庫県
明治4年の廃藩置県により府県乱立を経て11月に豊岡県(但馬、京丹後、丹波)、飾磨県(播磨全域)、名東県(淡路、徳島の一部)、兵庫県(摂津西部)の4県となる。  
第三次兵庫県
明治9年に豊岡、飾磨、名東を兵庫に統合し徳島・京都の一部を切り離しほぼ今の県域となる。    
豊岡・飾磨、淡路・摂津を組み合わせ今の兵庫県を東西に二つの県にする案もあったが、西欧文明を取り入れることが重要で当時は港湾が交易の窓口だった。神戸港への物資輸送、資源産出地(食料・木材・鉱物・繊維)を抱えることの合理性から4県を神戸(神戸港)に集約したと言われている。  
もし違う案が採用されていればどうなったか? 豊岡県・飾磨県を合わせ姫路県にでもなっていれば、姫路県は関西圏で唯一太平洋・日本海に接し、姫路・宮津・舞鶴港を持つ県となっている。当然姫路はずっと県庁所在地で今は政令指定都市になっていたでしょうね?    
これは夢物語ではない、今後もこのような選択は起こる。現に起こっているのだろう。今の制度や経済的合理性がいつまでも変わらないなんてことは無い。150年前、原材料を運ぶ必要で神戸港を中心としたが、運搬経路は時代に即したモノになっていったとは言えない。兵庫の南北交通の課題は今なお脆弱です。当時重要だった木材・鉱物・繊維・食料は、国内自給に追い込まれた戦中・昭和20年代、輸出の主力だった昭和30年代を経て以降は日本経済を支える主要原材料ではなくなった。 木材燃料は石炭と輸入石油に、建築木材・鉱物は輸入品に、絹綿は人絹に・・・・ 以来神戸港のバックヤードだった豊岡県、飾磨県、名東県は経済的発展では兵庫県(摂津)に大きく後れを取ることになったのです。    
そして現在
資源保有地としての飾磨・名東・豊岡の各県は、高品質な食料、水資源、有り余る木材、未発掘だがメタンハイドレードなど次代を担うことが期待される国産資源の宝庫でもある。(日本版シェール革命は?)画一的な都市化していないことも大きな魅力です。もちろんコンクリートの高層ではなく地上で暮らしていることの意味も大きく、働き方と暮らしを考えるステージは田舎にこそある。  
民主主義を唄えば多数派意見を普通では覆せない ~天変地異でもない限り!~  今までの歴史ではそうです。 次の10年、20年に向け、現在の気象、経済環境、需給、人の価値観や税・法制度、これら期成概念で物事を捉え過ぎないことが寛容です。  
兵庫県150年を県令政治ではなく県民からの150年と捉えるとすれば、それは県民代表である兵庫県議会の歴史を辿ること、そして次の時代に向けて県民代表の議会として何がしか提案・提言が必要なのかも知れない。                 
2018/1/15
交流促進の民泊許可と民泊規制
住宅宿泊事業法が31年6月15日から施行されます。市町の希望や実情を考慮しながら、県は住民の生活環境の悪化や近隣住民とのトラブル防止などを含め、住宅宿泊事業の適正な運営を図る責務を負う法案です。兵庫県として県民生活の安心を確保しながら交流人口増加にも寄与する条例を制定しようといています。  
■先ず規制項目
  • 小中高校や児童福祉施設等の周辺100m以内 → 不可
  • 都市計画法による住宅専用地域 → 不可
  • 国立公園、国定公園、景観形成地区・広域景観地域、国民保養温泉地 → 繁忙期、週末、祝祭日前日は不可
  • その他市町から要請を受け知事が認めるもの
■事業者の配慮義務
  • 近隣住民への事前周知
  • 善良な風俗保持のための設備の設置義務
■市町の協力
  • 騒音、廃棄物(事業所所在市町ルールの適用)等の苦情に対し必要な協力を求めこができる
ホテル稼働率と旅館稼働率の差
ホテル旅館業界は今まで厳しい安全規制をクリアしながら独自の発展を遂げてきた。防火設備や防火構造、耐震性、受動喫煙etc。 一方で安全確保のための補助支援も創設されその都度受けてきたが今回の民泊許可への方向へは大きな不公平感があることは容易に想像できる。~当然です~ メディアの論調も平穏な住民生活維持への懸念を示すものが多い。 しかし 例えば関西広域連合指定のインバウンド戦略ゴールデンルート、神戸以西・姫路以北には城崎温泉を除いて宿泊施設はほとんど無い。旅館の稼働率を上げればまだまだ顧客獲得の余地はあろう、しかしそれとて温泉地と県南部の話で、実際旅館の稼働率アップ提案があって始まる支援策も実施されているとは言い難い。 法施行までに先行した違法業者の悪行に目を向け二の鉄を踏まないことはもちろん重要だが、民泊を利用して新たな交流・観光を獲得しようとしている動きを阻止するような法律や条例であってはならない。 要は日本人以外の人たちが発見した今まで日本人が見向きもしなかった新たな日本の潜在的な価値を生かすのか、殺すのかが日本人に問われている。  
私はハッキリ、
チャンスと捉えるべきだと思っています。それにしては賛成意見露出・支援メニューがあまりにも少ない!!           
2017/12/21
消費力アップ!
 

兵庫県の取り組んでいる先進的(過ぎ)な消費者教育がある。目標は「生きる力を育み、自ら考え行動する自立した消費者、社会に参画・協働する消費者の育成」

すごいです!
消費の二極化とは「高額高品質VS大衆低価格」「高価で必要ないモノVS今必要な使い捨てるモノ」だったが、もう一つ「社会参画する明確な意志を持った消費」と「利己主義的消費?」が加わったのかもしれない。即ちコストパフォーマンス評価に新たな社会的参画というあいまいな指標が入ってきたことになる。果たして定義できるのか? 自己満足に陥らない明確な価値指標は何でしょうか?  
100均ショップやコンビニには行きにくく感じるのは私だけ! ご安心ください。それらの消費行動にも社会参画意義は探せばきっとあるはずです。 もうお察しの通り、私が注目しているのは、振り込めサギや不良品購入の消費者救済ではなく、社会的に意義ある消費行動とは何か? です。 これらを「倫理的消費」と呼ぶそうです。 NHK解説委員室にまとめた表が掲載されていました。 s150908_01_.jpg
以前、環境にやさしい買い物や環境にやさしい商品群認証制度や普及について質問を書いたことがあり、最近では地域経済にやさしい購買・やさしくない購買についてHPにアップしたこともありますが、このテーマはなかなか明解にこれだとは言い表せていません。      
2017/12/1
県議会政務活動費調査等協議会
外部の識見者を委嘱し、県議会の政務活動費の調査などを議論する会議です。 外部識見者とは、同支社大学の新川教授、弁護士会の正木先生、公認会計士の井堂先生の三名です。議会側からは正副議長と議運委員長と各会派代表が出席します。  

幸いなことに、近年は本会があまり活躍することなく、それどころか全国地方議会の中でも政務活動費使途の明確化や議会の活性化では高評価を頂いています。 そんな状況にあっても本会は社会情勢の変化、特に情報公開に関する県民意識の変化や情報ツールの発展による情報精度の細分化、さらに他の議会での動きなどを捉え、兵庫県議会の政務調査を見直すべきかどうかを定期的に検討しています。 兵庫県監査委員会からの指摘や要検討、各会派からの検討項目が出され協議しました。
(自民)議員事務所の駐車場について
従来個人(議員・事務員)の駐車費は計上不可で来客分は最大50%の充当が認められていましたが、今回の協議では政務活動の場でもある事務所費用として計上できるのではないかと言う意見が大勢でした。
(公明)政務活動費の交付額の見直しについて
平均執行率が80%を下回っているから交付額を減額すべしとの提案ですが、約30%の議員がほぼ満額活用していることや、執行後のチェックを経て執行分だけ支給されていることから総費用削減効果が無い。見送りとすべしと結論づけられました。
(公明)請求支払制度の導入について
広報紙など高額立て替えが発生する場合への対応として請求書が来た段階で政調費を支給できないかという提案ですが、請求額と領収額は同額ではなく後日のチェック体制など煩雑となる。執行後に領収書を添えて報告し検査後支出するというわが県の執行特徴を崩すべきではない。速やかに支払できるタイミング、業者の理解など立て替えが起こらない他の方法も議論すべき。結論は見送りです。
(事務局)ガソリン使用に係る活動報告について
鉄道使用の活動に比べ自動車使用の場合、ガソリン代の計上方法は透明性に欠けているとの指摘です。確かにその通りですが、公共交通の地域格差で自家用車無しでは活動できないのも事実。事例ではかなり極端な例での記事が示されたが、果たして皆そうなのか? 議員の常識的判断にゆだね、極端な使用が発生した場合は議員が説明しなければならない。
(事務局)議員ホームページへの充当の考え方について
HP掲載の自己PRや画像は政務活動ではないとの意見だが、これも個人個人HPによる差がある。極端に画像面積を占めるものは是正の必要があるのかもしれない。議員のプロフィールや顔を知らないで政策だけ判断しろとはならないので、従来通り、政党、個人、議会と掲載量に応じて案分すべしとの結論でした。     
2017/11/10
田舎暮らしの安全!
新しい車が来ました、私のではありません、親父の車です。

既に中型セダンは手放したのですが、軽自動車はご近所移動用に所有していました。使途はもっぱらスーパーへの食品買い出しと裏山の作業小屋通い、それと母の送迎。 過日車庫入れを失敗して車の後半分が崖っぷちに中ぶらりんになったことがあった。幸い怪我無く車は引っ張り上げた。

もし自家用車を手放すことになれば、私か家内が送迎することになる。裏山へは一日3回早夕の鶏のエサやりと畑仕事他、週2~3回の買出し、月一の薬局通い、サークル活動の送迎、Etc…… これらを今頼まれると、家内と私、父母を含めてストレスとなることは間違いない。(必要になればいつでもするが、まだもう少し距離があるほうがお互い楽みたい)

そんな事情もあって私は高齢ドライバーが自由に運転できる環境が田舎ではベストと思っている。もちろん安全が第一であるが。しかし公共交通で自由に動き回れない地域で、高齢者から免許を取り上げるとどうなるか? 自分に置き換えればゾットする。 高齢運転者のハード・ソフト両面の安全対策について議会で質問したり、近年では中山間地での安全装置付き自家用車購入の助成制度や減税、自動運転特区、ウーバーシステムの導入こそは公共交通が未熟な中山間地こそが率先すべきと主張している。

そんな私の考えを察してかどうかは知らないが、御年91歳の親父が、安全装置付き(前後ソナー、バックモニター、レーンキープ、自動ブレーキ)の軽自動車を購入しました。

雪が積もるので本当は4輪駆動がベストですが、この期に及んで未だ好みがあるようでトラックやバンタイプは嫌いみたいです。

他の車に迷惑かけないように事故なきように! 自由気ままな暮らしが当分続けられることを祈るばかりです。よ~し私も95歳でスポーツカー買うぞ!~   

最新記事10件

月別アーカイブ

兵庫県議会議員養父市選出 藤田孝夫 ふじたたかおオフィシャルサイト