兵庫県議会議員みなみ但馬選出 藤田孝夫 ふじたたかおオフィシャルサイト

兵庫県議会議員みなみ但馬選出 藤田孝夫 ふじたたかおオフィシャルサイト

ひとり言

ひとり言
2019/6/17
議員の態度表明の態度
新議会が6月11日よりスタートしました。メディアに取り上げられる兵庫県議会の話題は、「当て逃げ県議」「正副議長自民独占半世紀」などネガティブなものが多い。   県議会自民会派が正副議長を長年務めていることは事実だが、そのことが民主主義に違反しているわけではない。
  • けれどもメディアの書きぶりは・・・さも問題があるかのよう、にしかも連載!
そんな矢先、新議会が開会され県議会正副議長選挙が行われた。確定とまでは言えないまでも票読みは外れることなく予定通りの結果となった。即ち42自民議員+2名の無所属議員が自民党と同一の態度表明を行った。自民以外の会派は石井氏を擁立し統一の副議長候補として投票した。しかしあろうことか石井という議員は2名いるのに「石井」とだけ書かれた1票があり、その1票の有効性について紛糾し約2時間、議会は空転した。地方自治法での規定や兵庫県議会での議長選挙の取り決めを議論するのは大いに結構だが、開票時に石井擁立派の立会人から大声をあげられるとは誰も想像しなかっただろう。しかも自民党会派は石井とは書いていなかったことから自民以外の会派議員の誰かが、石井(苗字だけ)なぜ書いたのか? これは様々憶測されても致し方ないところ。 一連の新聞報道の延長、出来レース、選挙前の自民叩きパフォーマンス、等がささやかれているらしい。   県議会事務局としてはまず、不明票の扱いをどうするのか?規定する必要がある。そして議員自らも投票行為をどう認識しているのか?その態度が問われる。統一候補を当選させたいと本当に思っている議員はただ単に石井とだけは書かない。議員としての議決の重要性を理解せず、あるいは慎重性を欠いた今回の行動は猛省すべきです。真に議長選挙を公正なものに改革するための行動とは言い難い。議会事務局のミスを突くタイミングなどは絶妙! 言葉は下品だったが・・・  
~ゲームに巻き込まれた後味が残る~           
2019/1/16
まーいっそうない 
  
  初めて行ってきました、真冬の19時、雪はありませんでした。真っ暗な地道を約100メートル位登っただろうか?携帯の明かりでは周りの景色が全く見えない。 しかも誰も参道にはいない。しばらくして明かりが見え、やがて門が現れた。 神社があることは本当らしい。しかしまだ人の気配がない。 集落で神社への道を教えてくれた村人は本当に人だったのか? ここへ来るように私に伝えたのは果たして人だったのか? 狐につままれるとはこういう事なのか? ともかくミステリアスな環境でした。 大きく右に曲がった上の広場(境内)でようやく大きな焚火があり、ここが会場らしい。松明を持った村人が約100人。 現世に帰った気分でした。  
御井神社(大屋町宮本地区)で1月14日に毎年行われる伝統行事
鬼にふんした村人が木面(かなり重厚)をかぶり、分厚い着物に金棒、木箱を持ち円陣を組んだ村人と逆方向に動く。村人は鬼の木箱を松明で勢いよく叩く。子供は必至で叩くので火の粉が舞い、衣装も焦げますね。    
________________________________
毎年1月14日に御井(みい)神社に奉納される伝統行事
燃えさかる松明の炎で古鬼面(こきめん)姿に木鉾(きぼこ)を持った鬼をたたき、その年の無病息災を願います。

伝説によると、神代の昔、この地が泥海であった頃に、神が3艘の船に乗って見回りをしていたところ、2艘の行方がわからなくなりました。神々は「ないそうや」といって探し回ると、1艘は大屋町の宮本、さらに、「まいっそうや」といいながら探すと、もう1艘は、養父市船谷で見つかったといいます。「あったー、あったー」と舞う、「御船祭(みふねまつり)」または「笑祭」と呼ぶ祭りとして伝えられ、過去に行われていたそうです。 見つからなかったあと1艘を、「まーいっそーない(もう1艘ない)」と呼びかけながら、夜を徹して捜したことから、「まいそう祭り」となったといわれております。
祭りは本殿で神事のあと、神主の御神火から点火された松明を参拝者がそれぞれに持ち、円陣を組みます。鬼役が3人で、太鼓の合図にあわせて、右手に木箱、左手に木鉾を持った一番鬼が拝殿から飛び出し、四股を踏むような足取りで反時計回りに円陣を回ります。参拝者は、「まーいっそーない」はやし立て、炎々と燃えさかる松明を頭上で振りかざしながら、鬼役が持つ木箱に激しくたたきつける。二番鬼、三番鬼の順で続き、円陣を3周したあと、ほえ声をあげて本殿にそれぞれ消えます。燃えさかる松明の炎で鬼を追い払う珍しい火で鬼を追い払う珍しい火の祭りです。   資料:養父市教育委員会社会教育課 
2018/10/18
あなたにとって幸せって何?
~とある田舎町で 旅人と地元の漁師との話~
  • もっと漁をしたら、もっとたくさんの魚が獲れるのにもったいない
  • いやいやこれで十分だよ
  • それじゃもったいない、余った時間は何してるの?
  • ゆっくり寝てから漁にでる、戻ってきたら子供とあそんで、女房と一緒に昼寝して、夜は友達と一杯やって歌を歌う。
  • 君はもっと長い時間漁をすべきだよ、それで余った魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買うといい。そして工場を建てて魚を加工して世界中に輸出するんだ。
  • そうなるまでどれくらいかかる?
  • 25年もあればうまくいく
  • それから?
  • 今度は株を売却して億万長者になる、もう働く必要がない。
  • それで?
  • 引退したら、海岸近くの小さな村に住んで陽が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、子供と遊んだり奥さんと一緒にのんびり昼寝をして過ごして、夜になったら友達と一杯やって歌をうたって過ごすんだ!どうだすばらしいだろう
  • 俺がいまそういう生活してるから・・・

~ひすいこたろう~   
2018/7/24
県道養父宍粟線 
県道南谷区域養父宍粟・森大屋線改良促進期成同盟会
先の西日本大水害で被災された方々にお見舞い申し上げます。とりわけ宍粟市では甚大な被害となり未だ県道が塞がったままです。危険個所の想定と補修はもちろん、代替道路の重要性も改めて認識させられました。 さて門野バイパスは、貴会役員の方々のチームワークとリーダーシップ、養父市他関係する地域の皆さんのご協力、養父土木事務所のご尽力により、整備の方向性がより明確になってまいりました。今後とも変わらぬご支援をお願い申し上げます。道路改修や道路整備は私たちの暮らしに対応すべく変化発展する終わることのない事業です。だからこそその行動を通して様々な地域課題をクリアしていくことにも繋がります。そのような期待を込めながら貴会の益々の発展とご参会の皆様のご多幸をご祈念申し上げます。 
2018/7/24
30年 建屋地域活性化委員会総会
  先の西日本大水害で被災された方々にお見舞い申し上げます。 大雨後は酷暑、なかなか思うようにはなりません。地域をあげて課題を共有し将来を語るご努力に敬意を表すると共に感謝申し上げます。 農業特区指定を受けて様々な企業活動が目に見え始めました。建屋地域も従来とは違った視点、すなわち耕作不利地と思われていた田んぼのお米が実は従来とは違った大きな可能性をもっている。そのことが地域の協力で証明されようとしています。 地域の安全や生活利便性の向上など従来課題を押さえた上で、建屋固有の地域資源を活かし、将来世代に繋げることを目標に、有意義な会になることを期待します。貴会の益々の発展とご参会の皆様の健勝でのご活躍をご祈念申し上げます。     

最新記事10件

月別アーカイブ

兵庫県議会議員みなみ但馬選出 藤田孝夫 ふじたたかおオフィシャルサイト